fbpx
About us

ABOUT US

グラフィックコンクリートの発明者であり創設者であるインテリアアーキテクトのサムリ・ナーマンカは、1990年代後半にある工場の拡張プロジェクトに取り組んだときに、建築材料としてのコンクリートに興味を持つようになりました。その時点で、ナーマンカはまだコンクリートとその特性に精通していませんでした。詳細を学ぶために、1996年にヘルシンキ芸術デザイン大学(UIAH)のコンクリート応用に関するコースに入学しました。コースの目的はコンクリートの新しい外観を調べることであり、その結果、ヘルシンキのPikku Huopalahtiコンクリートパークのデザインが完成しました。UIAHで彼はさらに、ファサード材料としてのコンクリートの美的価値と、工業的に実用可能な方法でコンクリート表面を処理する方法を研究しました。これにより、彼の最終論文の主題となった、パターン化されたコンクリート表面を作成する新しい方法であるグラフィックコンクリートが生まれました。

この新発見された技術は、プレキャストコンクリートの製造に使用される特殊なシートでした。デザインされたパターンまたは画像は、表面凝結遅延剤を使用した「ドット」に置き換えられて、従来の印刷技術で生産されます。パターンは、打ち放しの滑面と細骨材が露出した粗面のコントラストの結果としてコンクリートスラブ表面に形成されます。凹凸の深さはわずか数ミリです。1999年2月にグラフィックコンクリートとして特許を取得したこの方法は、ナーマンカが所有する会社ReseptoriLtdの商号になりました。

ミレニアムの変わり目に、主要コンクリート工場、製紙会社、印刷研究所と共同で製品開発プロジェクトが開始されました。このプロジェクトは、フィンランドのコンクリート会社とTekes –フィンランドの技術革新のための資金提供機関によって資金提供されました。この開発プロジェクトは成功し、ナーマンカはまもなく、エンジニアのヴェリペッカ・ライデンフェルトとDテック・リストマノネンは2003年にグラフィックコンクリートリミテッドを設立しました。

イノベーションの背後にあるインスピレーションは、建築家がより視覚的に創造できるツールであり、大規模な壁面向けの工業製品化を実現することでした。商業、住宅、公共の施設建物向けの製品。ファサード、壁、床スラブ、内壁。環境アートや屋外用家具にも対応できる。パターン化されたコンクリート表面を作成するこの刺激的な方法に伴うすべての利点により、グラフィックコンクリートは現在、多くの有名な建築家によって使用され、世界中の多くの素晴らしいプロジェクトで取り上げられ、成功を収めています。

Graphic Concrete Ltd
Itälahdenkatu 18 C, 5 fl. FI-00210 Helsinki
Tel: +358 (0)40 621 2200
This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.
www.graphicconcrete.com

Sign up with your email address to receive news and updates.